Go to Amazon!!!
Blog_製品紹介・レビュー

【速報】Apple Silicon第一弾はMacBook Air 13″、MackBook Pro 13″、Mac mini!

今年は新製品の発表が続いたAppleですが、今年最後のApple Event “One More Thing”が米国時間11月10日(火)午前10時からビデオストリーミング形式で開催されました。

Apple独自のプロセッサ、ARMベースのApple Silicon M1プロセッサの紹介から始まり、続いてmacOS Big Sur

そして

それらを搭載したMac第一弾として、MacBook Air 13″($999~)、Mac mini($699~)、MacBook Pro 13″($1,299~)の3機種が発表されました。ハードウェアのデザインは基本従来通りです。

OSAクン
OSAクン

Apple Siliconを使ってのMacBook 12″の復活は今回はなかったね・・・ 
来年あるかな?

Apple M1 Chip

Apple Silicon M1

AppleがARMアーキテクチャーを採用してMac専用に開発した新プロセッサM1を発表しました。

M1は世界最大の専業半導体ファンドリーの台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(TSMC)で製造される5nm(ナノメーター)プロセスチップです。シングルチップとしては世界最大の16 billion(160億)のトランジスタを搭載し、高性能と省電力を同時に実現しています。

  • 世界最速の8-core CPU
    • Wattあたり世界最高のCPU性能
      • 最新のPCラップトップ用チップの最大2倍の速度
      • 25%のパワーで、最新のPCラップトップチップのピーク性能を実現
      • 従来のMac用Intelチップの最大3.5倍の速度
  • 8-core GPU
    • 世界最高レベルのグラフィックス性能
      • 最新のPCラップトップチップの最大2倍の速度
      • 3分の1のパワーで、最新のPCラップトップチップのピーク性能を実現
      • 従来のMac用Intelチップの最大6倍の速度
  • 16-core Neural Engine: 機械学習(マシンラーニング)をさらに加速するNeural Neural Engine
    • 従来のMac用Intelチップの最大15倍の速度でのマシンラーニング

macOS Big Sur

macOS Big Sur

Appleは独自開発のM1チップに合わせて、macOS Big Surを発表しました。

M1チップとの組み合わせで、iPhoneやiPadのように瞬時のパワーオン/オフが可能となります。Safari JavaScriptの速度が従来と比べて2倍近くとなり、Logic Proのランニング速度は最大3倍となります。

もちろんMacの純正アプリは全て動作し、サードパーティーからのiPhoneやiPadのアプリが順次M1+Big Sur Macでも動くようになります。Universal 2とRosetta 2の紹介もあり、従来アプリのM1+Big Surへの移行がスムースに行われる旨の説明もありました。

OSAクン
OSAクン

iOSやIntel向けアプリ対応もどんどん進みそうだね・・・

ちなみに、Big Surは新しいM1搭載のMacだけでなく、従来のモデルでも動作します。

  • MacBook Air models from 2013 or later
  • MacBook Pro models from 2013 or later
  • Mac Pro models from 2013 or later
  • Mac mini models from 2014 or later
  • iMac models from 2014 or later
  • iMac Pro (all models)
  • MacBook models from early 2015 or later

Big Surは11月12日(木)からダウンロード開始となります。

MacBook Air 13″

MacBook Air 13"

予想通りMacBook Air 13″が最初のApple Silicon搭載Macとなりました。

M1というパワフルな新プロセッサの搭載で、

  • Intelチップの従来機と比べて、CPU速度は3.5倍
  • 5倍の速度のグラフィックス性能(従来機比)
  • 同クラスのWindows PCと比べて3倍の速度
    • 昨年販売されたWindows PCラップトップの98%より高速
  • 従来機の9倍のマシンラーニング速度
  • ストレージ(SSD)も2倍の速度
  • ファンがないSilent Design
  • バッテリー:最大18時間のビデオプレイバック(従来機と比べて+6時間)
  • カラー:Space Gray, Gold, Silver
  • 価格は$999($899 for education)~
    • 即受注開始で、出荷は11月17日(火)~
OSAクン
OSAクン

M1チップ採用で、従来機だと少し厳しかった動画編集ソフトのFinal Cut Proを使ったり、ゲームを楽しんだりもAirでできそうだね・・・

ちなみに、IntelチップのMacBook Air 13″は販売中止となるようです。

Mac mini

Mac mini

Mac miniにもM1が搭載され、CPU性能は従来機の最大3倍速度、そしてグラフィックス性能は最大6倍速となり、Appleのミニデスクトップながら大幅なパワーアップにて生まれ変わっております。

  • 価格は$699~
    • 即受注開始で、出荷は11月17日(火)~
OSAクン
OSAクン

性能大幅アップで価格も下がったし、Mac miniもこれからもっと売れそうだよね・・・

MacBook Pro 13″

MacBook Pro 13"

最後にでてきたのが、やはりMacBook Pro 13″でした・・・

わたくごとですが、それまで使用していたMacBook Air 13″の調子が悪くなり、先月泣く泣くIntelチップのMacBook Pro 13″を購入したので、「今回MacBook Pro 13″がでないように」と密かに願っていたのですが・・・

巷の予想通りしっかりでてきました。しかも予想していたより高性能で・・・ 😂

  • Intelチップの従来機と比べて、CPU速度は2.8倍
  • 5倍の速度のグラフィックス性能 (従来機比)
  • 同クラスのWindows PCと比べて3倍の速度
  • 従来機の9倍のマシンラーニング速度
    • 世界最速のコンパクトPC
  • バッテリー:最大20時間のビデオプレイバック(従来機と比べて+10時間)
  • カラー:Space Gray, Silver
  • 価格は$1,299($1,199 for education)~
    • 即受注開始で、出荷は11月17日(火)~
OSAクン
OSAクン

バッテリーライフ20時間!!!

MacBook Pro 13″はファンレスデザインにはしなかったようです。高負荷がかかってもファンで冷やして性能を落とさず、Proは飽くまでもパフォーマンスを重視しているのでしょう。ただ、高性能・省電力のM1チップの採用により、今までに比べるとファンが回る頻度も少なくなると思います。

ちなみに、MacBook Pro 13″のInelチップ版は当面継続販売するようです。

Apple A14 Bionicチップの性能などからある程度の高性能化は予想できましたが、高速化はもちろんですが、バッテリーライフ、特に今まではMacBook Airよりも劣っていたMacBook Proのバッテリーライフが、従来機の2倍の最大20時間になったのには驚きました。

Apple Silicon M1 Macへの完全移行には、iOSやIntel向けのアプリへの対応、つまりUniversal 2やRosetta 2が重要となってくるのでしょうが、予想以上に早く進むのでは?と希望的観測も含めて思っております。

M1チップの採用で格段に性能が上がっていることから、わたしのようなごく簡単な動画編集や時々ゲームもやる程度の一般ユーザーであれば、コストパフォーマンスも踏まえてMacBook Airで充分であろうと感じています。あの耳障りなファンの音からも開放されますし・・・

来年にはM1搭載のMacBook Pro 16″やiMacがでてくるのは確実、そしてNEWデザインのMacBook Pro 14″が発売される噂もありますし、Appleのミニ投資家として、もう少しApple株の買い増しを検討しています。😁

OSAクン
OSAクン

僕はMacBook 12″の復活を期待しているよ・・・

Go Apple 👍